娘がエステで最高に綺麗な花嫁になった。

昨年、一人娘が長年交際していた彼のもとへ嫁ぎました。
今の心境は寂しいやら、せつないやらでちょっと複雑な親心でもあります。

でも娘の幸せを望んでいたので主人も私も寂しい反面安心しています。
娘の家は割と近くなので週末には顔を見せてくれます。
また娘は普段から顔のお手入れなど美に対する努力を惜しまない子でした。
普段からエステに行っていましたので綺麗になるための心がけは私以上でした。
女性であるからこそ嫁ぐ日は最高の美しい花嫁でありたいと彼女は心から思っていたのでしょうね。

とてもわがままだけど、芯は強い我が娘は、高校の時から彼とはお付き合いをしていたようです。
同じ高校だった彼は娘に一目ぼれをしたそうです。
テニスの部活をしていましたが夏には日焼けをして、真っ黒な顔でした。

でも笑うと白い歯だけが印象的で、まさに青春真っ盛りでした。
日焼けしててもかわいいと主人は言っていましたが娘はそんな日焼けした肌をすごく気にしていました。
彼にもこんな顔じゃ恥ずかしいと漏らしていたようです。
高校を卒業するとどこからともなくエステのチラシなどがたくさん部屋に置いてあることが多々ありました。
「年頃なんだなぁ…気にしているのかなやっぱり。」私も少しは協力しなくてはいけないなぁと思いました。
私も前から気になっていたシミを何とかしたかったので娘と一緒にエステに行くことになりました。
思っていたよりも良心的で設備も整っていて娘もすっかり気に入ったようでした。
今でも時々時間を見つけたら娘と通っています。